STAFF


脚本・監督:キム・ギドク
KIM Ki-duk 김기덕

1960年12月20日、慶尚北道・奉化(ポンファ)郡の山あいの村に生まれる。暮らしは貧しく、9歳でソウル近郊の一山(イルサン)に転居。父の要望に従い、農業専門学校に進学。その後ソウル市内の清渓川(チョンゲチョン)で工場労働者として10代を過ごす。20歳で軍隊に志願し、過酷な海兵隊で5年間を過ごす。除隊後は障害者保護施設で働きながら夜間の神学校に通い、牧師を目指すと同時に、幼い頃から好きだった絵画制作に没頭。30歳でパリに渡り、路上画家として3年間を過ごす。当時パリで公開されていた『羊たちの沈黙』(90)、『ポンヌフの恋人』(91)などを観て、映画という映像表現に初めて出会い、衝撃を受ける。
93年春、一時帰国した際に、今までの経験を基に脚本制作に取り組む。完成させた脚本《画家と死刑囚》で93年映像作家教育院創作大賞受賞。95年映画振興公社脚本公募大賞を受賞した《無断横断》では数十社のオファーを得たが、映画化の話は消えてしまう。
映画会社で専属脚本家として勤めた後にフリーで活動。96年『鰐(ワニ)』で監督デビューを果たす。その後はほぼ年間に1本もしくは2本のペースで、精力的に作品を発表。17年間で18本の作品を発表している。低予算かつ短期間で撮影された作品群はそのストーリーの暴力性から、発表される度に韓国映画界で物議を醸し、国内評論家やフェミニストの批判対象となる。一方、海外の映画祭では次々と受賞を重ね、“世界のキム・ギドク”として新作が熱望される存在となる。日本に初めて紹介された作品は00年の『魚と寝る女』で、以来熱狂的なファンを獲得している。
08年『悲夢』以降映画界から姿を消すが、3年後の2011年、隠遁生活を送る自分を撮ったセルフ・ドキュメンタリー『アリラン』を発表。韓国映画界に対する痛烈な批判が込められたこの作品は、11年カンヌ国際映画祭で<ある視点>部門最優秀作品賞を獲得し、ベルリン(監督賞-『サマリア』)、カンヌ(『アリラン』)、ヴェネチア(監督賞-『うつせみ』)の世界三大映画祭で受賞という快挙を成し遂げ、復帰を果たす。カンヌ映画祭で渡欧中に撮影した実験作「アーメン」を同年に発表。久々の本格的劇映画となる『嘆きのピエタ』は12年ヴェネチア国際映画祭で韓国映画初となる最高賞、金獅子賞に輝いた。ヴェネチアでの受賞効果もあり、国内で60万人を動員するなど興行成績も好調だったが、キム・ギドクは大作がスクリーンを占有し続ける韓国映画界の現状を批判し、国内での上映を4週間で自ら打ち切った。
01年に設立されたキム・ギドク フィルムからは『プンサンケ』(11)のチョン・ジェホン、『映画は映画だ』(08)のチャン・フン、『ビー・デビル』(10)のチャン・チョルス、『ママは娼婦』(11/F)のイ・サンウら新鋭監督が輩出されている。キム・ギドク製作・脚本によるシン・ヨンシク監督「俳優は俳優だ」が韓国で2013年5月公開予定。

フィルモ・グラフィー、主な出品・受賞歴

1996 鰐(ワニ) Crocodile
1997 ワイルド・アニマル Wild Animals
1998 悪い女 青い門 The Birdcage Inn
2000 魚と寝る女 The Isle
第57回ヴェネチア国際映画祭コンペティション部門
第19回ブリュッセル国際ファンタスティック映画祭金の大鴉賞(グランプリ)
2000 リアル・フィクション Real Fiction
2001 受取人不明 Address Unknown
第58回ヴェネチア国際映画祭コンペティション部門
2002 悪い男 Bad Guy
第16回福岡アジア映画祭グランプリ
第35回シッチェス・カタロニア国際映画祭オリエント急行賞
2002 コースト・ガード The Coast Guard
第38回カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭FIPRESCI賞・NETPAC賞
2003 春夏秋冬そして春 Spring, Summer, Fall, Winter…and Spring
第24回青龍映画賞(韓国)最優秀作品賞
第41回大鐘賞映画祭(韓国)最優秀作品賞
第51回サン・セバスティアン国際映画祭観客賞
2004 サマリア Samaritan Girl
第54回ベルリン国際映画祭銀熊賞(監督賞)
2004 うつせみ 3-Iron
第61回ヴェネチア国際映画祭銀獅子賞(監督賞)・FIPRESCI賞
第9回釜山国際映画祭NETPAC賞
2005 弓 The Bow
2006 絶対の愛 Time
第42回シカゴ国際映画祭プラーク賞
2007 ブレス Breath
2008 悲夢 Dream
第27回ブリュッセル国際ファンタスティック映画祭
オービット・コンペティション・グランプリ
2011 アリラン Arirang
第64回カンヌ国際映画祭<ある視点>部門 最優秀作品賞
2011 アーメン Amen(未)
2012 嘆きのピエタ Pieta
第69回ヴェネチア国際映画祭金獅子賞
第49回大鐘賞映画祭 (韓国) 主演女優賞(チョ・ミンス)・審査員特別賞(キム・ギドク)
第32回韓国映画評論家協会賞(韓国)最優秀作品賞・監督賞(キム・ギドク)・主演女優賞(チョ・ミンス)・国際批評家連盟賞
第6回アジア太平洋映画賞審査員大賞(チョ・ミンス)
第13回東京フィルメックス観客賞
第33回青龍映画賞(韓国)最優秀作品賞
第17回サテライト・アワード 外国語映画賞
第9回ドバイ国際映画祭 アジア・アフリカ長編コンペティション部門 最優秀監督賞

CAST


ミソン:チョ・ミンス
CHO Min-soo 조민수

1965年1月29日生まれ。高校卒業後、3年間で300本以上の広告とCFのモデルを務める。1986年にKBS特別採用タレントとして芸能界入りし、高視聴率を記録した〈砂時計〉(95)や〈ピアノ〉(01)、〈クリスマスに雪は降るの?〉(09)、〈私の娘コンニム〉(11)といったテレビドラマで、母親役などを好演する。『ハウスメイド』(10)のユン・ヨジョンと並び“精巧で正確”といわれる演技力で、青春スターだったモデル時代から今も大衆に支持されている。映画デビューは1986年のイ・ギュヒョン監督「青 ブルースケッチ」とチ・ヨンホ監督「神の息子」で、以降イ・ギュヒョン監督「俺は驚かせるような事をするよ」(90)、ヨ・ギュンドン監督「マン?」(95)、ユン・テヨン監督『天国までの60日』(05/DVD)などに出演。キム・ギドクから“黒髪のマリア”と賞された『嘆きのピエタ』のミソン役は、“金獅子賞作は他部門で受賞できない”というヴェネチア国際映画祭の規定のため、審査員の全会一致にもかかわらず主演女優賞を逃したが、『シークレット・サンシャイン』(07)のチョン・ドヨン、『ポエトリー アグネスの詩』(10)のユン・ジョンヒの間の世代の女優として世界に名を知らしめた。『嘆きのピエタ』で第49回大鐘賞映画祭主演女優賞、第32回韓国映画評論家協会賞主演女優賞、第6回アジア太平洋映画賞審査員大賞、2012年大韓民国大衆文化芸術賞を受賞。

ガンド:イ・ジョンジン
LEE Jung-jin 이정진

1978年5月25日生まれ。建国大学在学中に出演した衣装デザイン科のショーがきっかけでファッションモデルとしてデビューしたが、俳優を目指して漢陽大学演劇映画科へ進学。キム・インス監督「海辺へ行く」(00)でスクリーンデビューの後、キム・ドンウォン監督『海賊、ディスコ王になる』(02/F)、チュ・チャンミン監督『麻婆島』(05/F)、クォン・ヒョクチェ監督『トラブルシューター 解決士』(10/DVD)、パク・スヨン監督「取り戻せない」(10)、クォン・チリン監督『ワンダフル・ラジオ』(12/DVD)などに出演。ディスコキングを目指す高校生、チンピラの子分、刑事、児童性犯罪者、ラジオのプロデューサーと、コミカルからシリアス、ラブコメディまで幅広い役を演じた。韓国で年間興行成績2位に輝いたユ・ハ監督『マルチュク青春通り』(04)では、クォン・サンウの親友でケンカが強い番長の迫力ある姿が注目された。また、高視聴率を獲得した主演ドラマ〈愛してる、泣かないで〉(08)やバラエティ番組など、テレビにも活躍の場を広げている。キム・ギドクから“白紙のように何でも吸収し、そこに自由に描かせてくれる男”と賛辞を受けた『嘆きのピエタ』のガンド役は、韓国で『悪い男』(01)の再来といわれ、新生“ギドクのペルソナ”の呼び声も高い。本作で2012年大韓民国大衆文化芸術賞を受賞。

フンチョル:ウ・ギホン
WOO Gi hong 우기홍

1973年1月9日生まれ。短編映画を経て、パク・ヨンフン監督『純愛中毒』(02)で長編映画デビュー。その後、キム・ジウン監督『箪笥』(03)、クァク・ジェヨン監督『僕の彼女を紹介します』(04)、チョン・ユンチョル監督『マラソン』(05)、パク・ヨンフン監督『ダンサーの純情』(05)、ハン・ジェリム監督『恋愛の目的』(05)、オ・ソックン監督『恋愛』(05/DVD)、シン・ドンイル監督『訪問者 Host & Guest』(06/DVD)、チョン・ユンチョル監督「よいではないか」(07)、同監督『星から来た男』(08)、シン・ドンイル監督『僕の友人、その彼の妻』(08/DVD)などに出演。韓国では“年齢以上に豊かな演技力を持つ、宝石の原石のような男”と評価されている。本作で第49回大鐘賞映画祭新人男優賞にノミネートされた。

フンチョルの妻、ミョンジャ:カン・ウンジン
KANG Eun jin 강은진

2003年にソウル芸術大学演劇科を卒業後、舞台女優としてミュージカルや演劇で活躍。イ・ジュニク監督『王の男』(05)でスクリーンデビュー。パク・コニョン監督『重量★ガールズ キングコングを持ち上げろ!』(09/DVD)、イ・チャンドン監督『ポエトリー アグネスの詩』(10)、ノ・ホンジン監督「グッバイ・ボーイ」(11)、パク・チャンギョン監督『浄土アニャン』(10/F)、キム・ハンミン監督『神弓 KAMIYUMI』(11)と、超大作からアート系作品まで幅広く出演。パク・ジョンボム監督『ムサン日記~白い犬』(10)の、主人公が憧れる女性役の清純な姿が注目を集めた。本作で第49回大鐘賞映画祭新人女優賞と助演女優賞にダブルノミネートされた。

ギターの男:クォン・セイン
KWON Se in 권세인

1982年6月29日生まれ。中央大学(韓国)演劇科に在学中の2002年、短編映画「誕生日」に出演。〈走れサバ!〉(07)をはじめ主にテレビドラマで活躍し、シン・ハギュン主演で話題を呼んだ〈ブレイン 愛と野望〉(11)では、そのイケメンぶりから、役名のヨ・ボングにかけて“花のボング”と呼ばれる。2012年には〈モンスター〉で初主演を果たした。映画出演はユン・ジョンビン監督『ビースティ・ボーイズ』(08)、キム・グァンシク監督『私のチンピラな彼氏』(10)と少ないが、高校時代から役者を志し、早くから舞台に出演するなど研鑽を積んでいる。本名のクォン・セインで芸能活動をしていたが、本作の韓国公開後、芸名をクォン・ユルに改名した。

backtop

『 』…日本公開  「 」…日本未公開  『 』(F)…映画祭上映
『 』(DVD)…DVD発売  『 』(TV)…テレビ放映  《 》…脚本  〈 〉…テレビドラマ
※ 「韓流シネマ・フェスティバル」などフェスティバル形式の配給作品は「日本公開」扱いとした。
※ 映画祭上映後、DVDストレートになった作品は「DVD発売」扱いとした。