CAST


ウー・チエンホー(巫建和)
通学途中、女生徒の死体を最初に発見する、少し地味な印象の男子学生ホアン・リーファイ(黃立淮)を演じる。 1993年生まれ。台北の中國文化大學國術学科在学中。高校、大学と中国武術「散打搏擊」の選手として活躍。 2010年にTVシリーズ『客家劇場-牽紙鷂的手』(日本未放送)でデビュー。その年の台湾電視金鐘獎ドラマ部門助演男優賞を受賞して注目される。同年、『一年之初-いちねんのはじめ-』(06)のチェン・ヨウチェ(鄭有傑)監督が手がけた全5話のTVシリーズ『他們在畢業的前一天爆炸』(日本未放送)に出演。この作品は2011年の台湾電視金鐘獎ミニドラマ部門で作品、脚本、主演男優など5部門を受賞。ウー・チエンホーは助演男優賞を受賞した。2011年5月には全5話を再編集した劇場版『他們在畢業的前一天爆炸 精華版』(未)が公開されて話題となった。 その他の出演作は、建国100周年記念のTVシリーズ『勇士們』(11・日本未放送)、映画『Together(別題:すこし恋して、ちょっと愛して)』(12・映画祭上映)、テレビ映画主演作『人生劇展-仲夏夜府城』 (13・日本未放送)、大ヒットシリーズ『終極一班3』(13) 、長澤まさみ主演の人気TVシリーズ『ショコラ』(14)など。 最新作はテレビ映画『人生劇展-小孩』(15)で本作のウェン・チェンリンと共に主役を演じている。 作品ごとに印象が違う若手演技派俳優である。
チェン・カイユアン(鄭開元)
二番目に死体を発見する不良学生イエ・イーカイ(葉一凱)を演じる 台北にある芸能関係の専門学校・私立荘敬高職在学中。 『共犯』が演技初体験となる。本作のあと、高校を舞台にしたテレビ映画『曉之春』(14・日本未放送)に生徒役のひとりで出演している。 最新作は世界6ヶ国を舞台にした中国のオムニバス映画『戀愛中的城市』(15)のプラハ編。自然な演技が評価されて、今後が期待される新人である。
トン・ユィカイ(鄧育凱)
三番目の発見者となる優等生のリン・ヨンチュン(林永群)を演じる。 台北市私立華岡芸術学校演劇科卒業。『共犯』がデビュー作となる。 本作のあとは2015年4月放送のテレビ映画『空白轉機』で失われた記憶を探す主人公という難しい役に挑戦。 これからが楽しみな20歳の新人俳優。
ヤオ・アイニン(姚愛寗)
道端で死んでいた孤独な少女シャー・ウェイチャオ(夏薇喬)を演じたヤオ・アイニンは、広告モデル出身で、これまで多くのミュージックビデオに出演している。本格的演技は今回が初めてである。
ウェン・チェンリン(溫貞菱)
シャーの同級生で平凡な女子学生チュウ・チンイー(朱靜怡)を演じる。 1992年10月23日台北生まれ。 本作のウー・チエンホーと同じく2010年のTVシリーズ『客家劇場-牽紙鷂的手』(日本未放送)でデビュー。同年、飛輪海のアーロン主演のTVシリーズ『死神少女』(日本未放送)に出演。2011年『黑貓大旅社』(未)で映画初出演。2012年のミニシリーズ『微笑星光』(日本未放送)で初の主役を演じた。 その後の出演作は、ウー・チエンホーと再共演した『Together(別題:すこし恋して、ちょっと愛して)』(12・映画祭上映)、高校野球もの『天后之戰』(13・未)、台北映画祭最優秀作品賞『EXIT -エグジット-』(14)と映画出演が続く。 2014年のテレビ映画『曉之春』(日本未放送)では訳ありの転校生を演じて絶賛され、台湾電視金鐘獎ミニシリーズ部門最優秀主演女優賞を受賞。 現在はテレビ時代劇『一把青』(15)を撮影中のほか、テレビ映画『人生劇展-小孩』(15)でウー・チエンホーと4度目の共演を果たしている。
サニー・ホン(洪于晴)
ホアン・リーファイの妹、ホアン・ヨンチェン(黃詠臻)を演じたサニーは台北・私立荘敬高職に在学中の16歳。 広告モデル出身で本格的な演技経験は今回が初めてである。 ほかに短編映画『彼岸花開時』(14・未)に出演している。
リー・リエ(李烈)
仕事が忙しく、シャーを家庭で孤独にしてしまった母親を演じる。 1958年3月29日台北生まれ。1970年代から活躍しているベテラン女優。2006年のテレビ映画『人生劇展-網路情書』(日本未放送)の演技で台灣電視金鐘獎ミニシリーズ最優秀主演女優賞受賞。2013年華語電影傳媒大奨で『光にふれる』(12)の演技で最優秀助演女優賞を受賞している。 2001年、短編映画の製作をきっかけにプロデューサー業に進出。2010年の台湾電影金馬獎では年度傑出台湾電影工作者賞を受賞している。主な製作作品に『兩個夏天』(01・未)『モンガに散る』(10)『ジャンプ!アシン』(11・映画祭上映)『祝宴!シェフ』(13)、『コードネームは孫中山』(14・映画祭上映)など。現在の台湾映画界を牽引するプロデューサーのひとりである。
主な出演映画:『早安台北』(79・未)『小城故事』(79・未)『海辺の一日』(83・映画祭上映)『シーディンの夏』(01)『夢幻部落』(02・映画祭上映)『壁を抜ける少年』(07・映画祭上映)『遠い道のり』(07)『星空』(11・映画祭上映)『光にふれる』(12)『Together(別題:すこし恋して、ちょっと愛して)』(12・映画祭上映)
アリス・クー (柯佳嬿)
高校の冷淡なスクール・カウンセラーを演じる。 1985年1月10日台北生まれ。2006年、街でスカウトされて映画『一年之初-いちねんのはじめ-』の主役のひとりでデビュー。2008年の映画『ミャオミャオ』(映画祭上映)でも主役を務めて注目された。2009年にTVシリーズ『比賽開始』(日本未放送)のヒロイン役を演じたあと、大ヒット映画『モンガに散る』(10)に出演。明日なき世界で主人公と愛し合う薄幸な娼婦役が印象的であった。2011年、高視聴率だったTVシリーズ『進め!キラメキ女子』に主演して一躍ブレイクした。 2015年は主演TVシリーズ『星座愛情獅子女』と『必娶女人』が台湾で放送されるほか、8月には出演映画『風中家族』(監督:王童)が公開される。 テレビ、CM、MVと引っ張りだこの人気女優である。 主な出演映画: 『一年之初-いちねんのはじめ-』(06)、『ミャオミャオ』(08・映画祭上映)、『モンガに散る』(10)、『Night Market Hero』(11・映画祭上映)、『熊ちゃんが愛してる』(12・映画祭上映)、『世界末日』(13・未)、『鐵獅玉玲瓏』(14・未)、『共犯』(14)、『風中家族』(15・未)