イントロダクション

からあげ専門店発祥の地・大分県宇佐市が贈る
誰もが幸せになれる史上初のカラアゲムービー!

大分県は、全国でも鶏肉消費量のトップを争う鶏肉料理大国。その一端を担うのが、大分県北部地方に根付いたからあげ文化です。昭和30年頃に最初のからあげ専門店が誕生すると、まだ肉を食べることが特別なごちそうだった時代、安くおなかいっぱい食べられて、なにより「美味しい」とからあげは瞬く間に市民権を得たのでした。やがて専門店が増えると、各家庭に御用達の店ができ、キロ単位でからあげを購入するのがあたりまえになったことから「文化」とまで呼ばれるようになりました。それはまさに、誰もが大好きなソウルフード。かつてこのまちにアメリカ発の大型フライドチキンチェーン店が進出しましたが、わずか数十日で撤退をよぎなくされました。フライドチキンと似ているようで全く違うからあげを日本人は愛してやまないのです。

平成18年のこと、USAと書いて宇佐(うさ)と読むまちで、この文化が「私たち特有のものらしい」と気づいた人たちがいました。調べてみると、宇佐に「からあげ専門店発祥の店」があると判明。専門店マップをつくったところ、これを手に多くの観光客が押し寄せてくるようになったのです。 これに始まった「からあげブーム」が全国にまで旋風を巻き起こしていた頃、宇佐と瀬木直貴監督の出会いがありました。かくして、からあげがテーマになるという史上初の映画が誕生しました!

アイドル×カラアゲ=ほっこり?!
元モーニング娘。のリーダー・高橋愛、映画初主演!!

主人公の彩音は、宇佐でからあげ店の娘として育つ。にも関わらず、幼い頃のトラウマからからあげを一切食べられない。あげくの果てにアメリカ人と駆け落ちしてしまう自由奔放さ。そんな彩音が、家族のために、からあげづくりに奔走する姿を描く。

ヒロインは、元モーニング娘。のリーダー、高橋愛。本作が映画初主演となる彼女は、方言を完璧にマスターするほか、英語の台詞もあるという難役を演じ切りました。そして、大分県出身の石丸謙二郎が父親役を、アイドルとしては高橋の大先輩にあたる浅田美代子が娘を見守る母親役を演じています。また、海東健、渡辺美佐子、中村ゆうじ、ダンテ・カーヴァーなど、映画、ドラマ、CMで活躍する個性的な面々が集結しました。

メガホンを撮ったのは、地域のコミュニティに寄り添った叙情的な作風に定評がある瀬木直貴。これまでにも『ラーメン侍』『ROUTE42』『千年火』など、その土地特有の歴史、自然の美しさ、人と人のつながりを切り取ってきました。本作では、カラアゲを通して、家族と故郷の温もりを伝えます。地域愛に溢れ、美味しい幸せを届けてくれるカラアゲムービーをお召し上がりください!

backtop